賃貸経営を行うサラリーマンが増えている要因

サラリーマン大家の賃貸経営

サラリーマン大家と呼ばれている方が増えている要因として、やはりサラリーマンとしての給与と通算して不動産所得で利益が上がった分や下がった分に関して対応していく必要があり、それもやはり賃貸の経営を行う上で家賃収入として得られる形とプラスしてその部分の控除ももし赤字であれば、サラリーマンとしての所得税が戻る仕組みとなります。それもリスクが減る形としては、とても素晴らしい事となり色々と有利な取引を行える事になるでしょう。

賃貸経営の状況に関して

賃貸経営は、もちろん自分自身の借金などで行う事となりますが、有利な取引を行える状況であれば、ある程度お金にゆとりがある状況で始める事が、やはり賃貸経営を失敗しない要因となります。そこでローンを組まずに一括で購入する事が出来れば家賃収入が不労所得として入ってくる形となり、そこで安定的に収入が入ってくる事となれば、とても素晴らしい経営を行う事となります。サラリーマンでの副業としても最適な状況となるでしょう。

不労所得の賃貸経営について

不労所得として、働かずに人からお金をもらえる事となれば、そこはやはり資産を持っている人がそれを有効活用出来る状況であり、まずは賃貸経営を上手に行える事となれば、それを利用しながらしっかりと考えていく必要があります。こうして賃貸に際しては、色々な問題を抱える事で、賃貸の物件を管理する業者を雇う事となれば、そこで管理を任せていく事でいよいよ不動産に時間をとられる事無く、本業に集中することも出来るでしょう。

青山の賃貸マンションには、フリーレントという一定期間の間は家賃や駐車料金が無料になるお得なサービスもあります。

続きを読む

新築物件で後悔しないために・・・こだわるべきポイントとは?

光熱費のことも考えて設計をしよう

憧れの新築物件を建てるとき、後悔だけはしたくないですよね。実際に住んでみて、こんなハズではなかったということがないように、こだわるべきポイントを紹介したいと思います。吹き抜けのリビングや、リビング階段にすると開放感がうまれますが、光熱費がかかってしまいます。リビングの開放感と光熱費、どちらが家族にとって居心地よく暮らせるのかを、しっかりと検討しましょう。オール電化にするかどうかでも、光熱費が変わってきます。建てるときにかかる費用ばかりにとらわれず、長い目で見て、どちらがお得になるのかを計算してみましょう。

毎日使う水廻りは、掃除がしやすいものを

水廻りのリフォームをするのは、かなり大がかりで費用もかさみます。そのため、家を建てるときに、毎日のお手入れが楽で、常に清潔な状態に保てるようなものを選ぶと良いでしょう。その時には費用がかかるかもしれませんが、傷みにくいことを考えると、充分元がとれるはずです。見た目だけを重視した場合、お手入れが行き届かないこともあるので、水廻りは凹凸が少なく、カビや水垢が溜まりやすい場所を極力減らすことが大事です。

家事動線は、しっかりと考えよう

毎日の家事は、なるべく楽に行いたいものです。そこで大事になるのが家事動線です。例えば、洗濯機と洗濯物を干すフロアが同じ、駐車場から玄関までスムーズに移動できる、このような些細なことでも、家事にかかる負担がかなり変わってきます。洗濯物は、雨の日に干せるスペースまで考えると、梅雨時期でも安心です。収納スペースも、多くあれば便利というわけではなく、場所も大事になります。どこに何を収納したいのかを明確にし、収納場所を決めるとよいでしょう。

船橋市で新築一戸建ては人気がある物件となっており、非常に安い価格で新築一戸建てを購入する事が出来ます。

続きを読む