少しでも安く!お得に賃貸住宅を借りるためのポイント

市場の閑散期が狙い目

賃貸住宅の市場が盛況となるのは、やはり新年度が始まる前の時期です。1~3月は、多くの人が新生活を始めるために住居を求めますから、家賃や引越し費用も高めになってしまう傾向があります。逆にここを過ぎれば市場は落ち着き、それらの価格も下がってくることになるので、スケジュールが限定されていないのであれば、少し待ってからの方がいいですよ。特に暑い夏場は誰もが引越しを避けたい時期でもありますので、さらに値下がりが期待できます。

家賃交渉を有利に進めよう

家賃は、言い値で契約する必要はありません。交渉次第では、安くしてもらうことができますが、そこで成功するポイントとしては、希望エリアに同じような条件の物件を探しておくことです。これを交渉材料とすることで、貸主側の譲歩を引き出しやすくなります。「できればここを借りたいのだけれど、他にも魅力的な物件が近くにあるので」と、迷っている素振りを見せれば、貸主も考えざるを得なくなるでしょう。ただし高圧的になるなど、相手の印象が悪くなるような態度は避け、あくまで礼儀を持って接します。

隠れた格安物件を探す

賃貸物件の中には、掘り出し物とも言える格安なものもあります。こうした物件は、交通アクセスや日当たりが悪いなど、一般的に敬遠される条件が含まれていたりします。しかし、こうした条件は全ての人にとって悪いものであるというわけではありません。例えば、自転車や自動車が移動手段である人は、必ずしも駅から近い必要はありませんし、昼の在宅時間が短かいという人は、あまり日当たりは関係ない場合もありますよね。こうしてある程度、物件探しの条件を妥協することで、思いがけない安値で借りることも可能です。

お得に札幌の賃貸物件に入居するためには、積極的に値下げ交渉も行うべきです。その場合には業者と相談をして、交渉しやすい物件を選ぶべきです。

続きを読む

安全で快適に!女性の目が行き渡る家にしよう

「いい家」とは、どんな家?

「いい家」と聞くと、毎日、家族みんなが快適に暮らせる家、高齢者にとっても赤ちゃんにとっても安全で健やかな家、夫婦や親子や兄弟が仲良く過ごせる家、初めて訪れたお客様も楽しさや心地よさを感じる家を思い浮かべるのではないでしょうか?リフォームをしようと考えるきっかけは、人によってさまざまでしょう。理由やきっかけはどんなことであれ、だれでも、もっと「いい家」を目指してリフォームをするんですよね。実は、女性が住みやすい家は、だれにとっても「いい家」なんですよ。

女性が安心して暮らせる家に!

毎日の料理をつくったり掃除をしたり、洗濯物を干したり庭の花に水をやったりと、家の中でいちばん忙しく動きまわっているのは、多くの場合、女性でしょう。その女性が使いやすい、動きやすいと感じる家であれば、だれにとっても使いやすく動きやすいはずですよ。家族の健康に気をくばったり、子どもが危ないことをしていないかどうか目くばりしたりと、常に家の中を見渡しているのも母親=女性ですよね。女性の目が行き渡る家、女性が安心して暮らせる家は、健やかで安全な家である証ですよ。

「本当に住みやすい家」にするために!

リフォームするにあたっては、迷うことや不安になることも多いでしょう。家族間で意見が食い違うことも出てくるかもしれませんが、そんなときには、自分たちだけで解決しようとせずに、どのような小さなことでも言葉にして、建築家やインテリアコーディネーターに伝えることが大切ですよ。なぜなら、「自分たちが本当に住みやすい家」は、何もない場所から生み出されるわけではないからです。「いい家」は毎日の生活を変えるものですから、理想の「いい家」を目指して、リフォームを存分に楽しむといいですね。

今ではフローリングがメインがほとんどです。畳とは違い簡単に張り替える事は出来ませんからリフォームでフロアコーティングを施す場合が多いです。コーティングすることで本来の艶を取り戻し傷や汚れを防ぎます。

続きを読む