子育て中の世帯はこう選ぶ!新築マンションの選び方

子供の教育環境を確認する

子育て中に新築マンションを購入する場合は、子供が通う学校や、通学環境を考慮して物件選びをすることが重要です。小学校や中学校はなるべく近い距離にある方が、治安や安全性の面でメリットがあります。また、高校や大学に関しては、通学用定期などにかかる交通費が占める要素が大きくなりますので、付近に通わせたい学校があると、通学費用を抑制できる効果があります。教育環境を見据えて物件を選ぶと、長期的に見て家計に与える負担も少なくなりますよ。

資産価値をなるべく意識する

新築マンションを購入する際は、子供が独立して実家を出て行った後のことも考えて物件選びをすることが重要ですよ。マンションの資産価値は、物件の立地条件や管理状況によって大きく変わります。子供が独立した後でも、十分な資産価値を持っていると売却も簡単にでき、住み替えも容易になりますので、子育て中のマンション選びには、資産価値の面もある程度重視して選ぶようにしましょう。マンションは住まいであると同時に資産にもなるのです。

子供の成長に柔軟に対応できる間取り

子供は成長に伴って、独立した部屋を望むようになります。幼い頃は親と同じ部屋で就寝することが一般的ですが、小学校高学年の時期から中学校に進学するあたりまでに一人部屋を要求するようになります。最初は一つの大きな寝室として活用し、子供の成長に応じて二部屋に仕切ったり、リフォームしやすい可変性のある物件を選ぶと、有効活用しやすいですね。新築マンションの中には、子供の成長に合わせた可変プランを想定している物件もありますよ。

世田谷のマンションは、ダブルオートロック機能からテレビモニター付きインターホンまで防犯セキュリティが非常にしっかりしているマンションになっています。

続きを読む

一生借家住まい派それともマンション購入派それぞれの事情

マンション購入が必要な事情

子供を育てる過程で必然的に自分のマンションを購入したいと思うようになります。例えば子供3人の一家5人の家庭において子供の成長とともに今までの借家が手狭になったり、女の子が年頃になり個別の部屋が必要となったり、大学受験生のために静かな環境の部屋が必要となったりと育児の過程で今までより広いマンションが必要となることはよくあることです。また夫の勤務先の住宅手当の条件変更や転勤等によって住宅手当が手薄くなった場合等もマンション購入の動機となります。いずれも世の中の金利状況、経済状況を併せて参考としますが基本的には資産の運用という高尚な目的を動機とするものではありません。

一生借家住まいもありかな?とは思うが

一生借家住まいもありかな?とも思うが、なかなか金銭的な要素だけでは選択できないのがマンションの購入です。車を持ちたいと思うのと同様に生活の営みのステータスとして「我が家」を手に入れたいという欲求は誰もだ強いようです。本当は現金を持っておく方がはるかに経済的な場合も多いと思いますが、何故か誰もが「我が家」としてのマンションを購入したがるようです。何か形あるものを残したいという生物的な欲求なのでしょうか?きっと感覚的にはマンションの方がお金よりも確かなものなのでしょうね。

ついついより高価なマンションを買ってしまう。

本当は我が家の支払い事情にあったマンションの買い方が望ましいのでしょうが、物件をいろいろ探しているうちにどうしても中古マンションから新築マンションへと、より高価格のマンションへと気持ちはスライドしていきます。たいていの場合ちょっと頑張った価格帯のマンションを購入するのが常です。「まあいいじゃないですか。ちょっと背中が重くなるがその分頑張れば、腰を落ち着けて仕事に専念できるというもんだよ。あとは時間が解決してくれるよ。」と自分に言い聞かせます。

新築マンションについて購入を考えているならば、慎重な選択が重要です。まずは、間取りやエリアを明らかにしましょう。

続きを読む