子育て中の世帯はこう選ぶ!新築マンションの選び方

子供の教育環境を確認する

子育て中に新築マンションを購入する場合は、子供が通う学校や、通学環境を考慮して物件選びをすることが重要です。小学校や中学校はなるべく近い距離にある方が、治安や安全性の面でメリットがあります。また、高校や大学に関しては、通学用定期などにかかる交通費が占める要素が大きくなりますので、付近に通わせたい学校があると、通学費用を抑制できる効果があります。教育環境を見据えて物件を選ぶと、長期的に見て家計に与える負担も少なくなりますよ。

資産価値をなるべく意識する

新築マンションを購入する際は、子供が独立して実家を出て行った後のことも考えて物件選びをすることが重要ですよ。マンションの資産価値は、物件の立地条件や管理状況によって大きく変わります。子供が独立した後でも、十分な資産価値を持っていると売却も簡単にでき、住み替えも容易になりますので、子育て中のマンション選びには、資産価値の面もある程度重視して選ぶようにしましょう。マンションは住まいであると同時に資産にもなるのです。

子供の成長に柔軟に対応できる間取り

子供は成長に伴って、独立した部屋を望むようになります。幼い頃は親と同じ部屋で就寝することが一般的ですが、小学校高学年の時期から中学校に進学するあたりまでに一人部屋を要求するようになります。最初は一つの大きな寝室として活用し、子供の成長に応じて二部屋に仕切ったり、リフォームしやすい可変性のある物件を選ぶと、有効活用しやすいですね。新築マンションの中には、子供の成長に合わせた可変プランを想定している物件もありますよ。

世田谷のマンションは、ダブルオートロック機能からテレビモニター付きインターホンまで防犯セキュリティが非常にしっかりしているマンションになっています。