外壁塗装がしたくなる?外壁塗装の真の目的

防水効果で暮らしを守る

外壁塗装の本来の目的として、建物の防水があります。構造内部への浸水により、材木や断熱材が湿気を帯びます。その結果、カビの発生やシロアリなどの害虫が繁殖しやすい環境になり、住宅構造自体の劣化の原因となります。それらは目に見えない所で進行することも多く、雨漏りなどの目に見える被害が出て初めて、トラブルに気が付くこともあります。大規模な修繕が必要になる前に、外壁塗装など個別のリフォームで対策しておくことは、非常に有効です。

もちろん見た目も大切です

外壁塗装を施すことで、建物の色や雰囲気を変えることができます。外壁は常に紫外線や風雨などストレスに晒されているので、想像以上に色褪せや傷みが生じているものですよね。塗装前に十分に洗浄し傷の補修も行うので、クリーニングと補修、塗装を一度に済ませることができます。塗装後はまるで新築のような仕上がりになるので、住宅への愛着も高まるでしょう。外部から見た目の印象を変えたいなら、最も手軽で効果的なリフォームとも言えます。

エコ・高機能・新機能に注目

外壁塗装用塗料は、素材、機能共に大きな進化を続けています。環境に配慮したエコ素材を用いた塗料は、環境意識の高まりと安全性から人気が高まっています。表面から内部構造を保護するという機能にも、耐震性の補強や断熱効果アップ、光触媒を活用した空気浄化作用などが付加された塗料も開発されています。公共施設など大型建造物だけではなく、個人住宅でも高機能塗料での塗装が一般的になっています。海岸部では海風による腐食対策なども必要なので、周辺環境に応じた外壁塗装を行いましょう。

外壁塗装を千葉で頼むことをおすすめする理由は、さまざまな外壁塗装会社が存在していますから、選択肢が豊富なためです。