建設工事で気をつけなければならないことはこれだ!

ほこりが飛散することを防止する

建設工事現場では、乾いた土を盛ったり切ったりしますので、非常に土ぼこりが飛散しやすい環境なのです。土ぼこりは、どんなに気を付けていても、風が吹けば飛散しますし、また重機で土を掘れば飛散しますし、更に、トラックが走っただけでも、タイヤで土ぼこりを引き上げ飛散させてしまします。土ぼこりは、空中に舞い上がるとかなり広範囲に飛散して、近隣住宅の洗濯物などを汚してしまうので、工事現場の周りに土ぼこり飛散防止用の柵をたてましょう。

近隣住民に最も嫌がられる騒音

騒音問題は、建設工事現場において切っても切り離せない問題です。工事現場で稼動する機器は、どの重機であっても、それ自体がかなり大きな音で動きます。それは、ダンプ車両であったりショベルーであったり、はつり機であったり、ほとんどです。さらに、道路やコンクリートをはつるような作業中も、かなり大きな音を出さなければならず、工事現場から音を消してしまうことは不可能なので、こういうときは、極力施工時間を朝の遅い時間から、始めることが望ましいといえます。

いかにして工期を短縮するかも大事です

建設工事現場から、大きな音がなることや、土ぼこりが飛散することなどは、誰にでも分かっていることです。ただし、近隣の住民の方は、それが、一生続くものではなく、工事期間中だけのものなので「我慢」できるわけです。ですから、近隣住民に説明した、「工事期間」は非常に重要になります。もし、説明した工期よりも長引いてしまう場合は、近隣住民に更に長い「我慢」が必要になりますので、極力、工事期間は短縮できるように努める必要があります。

建物や足場を補強するために柱の間に斜めに入れる部材のことを筋交いと言い、筋違と表記されることもあります。また、英語ではブレースと言います。一定の割合でこの部材を使用することが建築基準法で定められており、耐震性を高めることが可能です。一般的に壁の中に設置されますが、ラーメン構造の場合外に露出していることもあります。

続きを読む

やって良かった!キッチンリフォームの事例

閉鎖的なキッチンを開放的に!

最新の分譲マンションのキッチンは対面型が主流となっており、従来のキッチンは閉鎖的な空間になっていることが多いですよね。マンションリフォーム時には思い切ってキッチンの向きを変えて、対面式にすると空間の奥行も拡がり、劇的に使いやすく、家族の交流が活発になる効果も期待できますよ。排水や給水の配管の制約もありますが、リフォーム会社に依頼することで実現可能な範囲で有効なプランを描いてくれますので、前向きに検討してみましょう。

拭き掃除が楽に!キッチンボードやトップ仕上げの変更

古いキッチンの仕上げ材はカウンターやシンクがステンレスであったり、キッチンの壁がタイルであったりするケースが多く、しつこい水垢による汚れや、タイルの目地にこびりつく油汚れがなかなか除去できないので悩みの種となっていました。キッチンリフォームの際には、そのような悩みを解消するために、キッチンカウンターやシンクを人造大理石に変更し、壁のボードを清潔感のある樹脂ボードにすることで劇的にお手入れの手間が軽減できますよ。

収納力アップ!システム収納を導入

家族が増えたりすることで必然的に食器や器材が増え、キッチン廻りの収納が不足したり、種類ごとに整理することが段々と難しくなりますよね。そんな時はキッチンリフォームでシステム収納を導入してみましょう。自分の背丈よりも高い位置の吊戸棚でもワンタッチで開閉できる収納や、今までデッドスペースになっていた角部分の空間を有効活用できる収納システムも登場していますので、今まで収めることが出来なかった大きな鍋や調理器具も収納でき、すっきりとしたキッチンが実現できますよ。

マンションでも、築年数と居住年数を考えてマンションリフォームをしてみることが良い結果に繋がります。リフォームの利点は、古くなり耐用年数がきた設備や錆と腐食に侵された施設を新しく取り替え寿命を延ばせること、間取りも変えて居住環境に新しさを持ち込むこと等が挙げられます。所有者に新しさを求める見識と意欲があれば、建築設計専門家が要望・意見を聴き、新しい住まいのプランと見積書を提示できるのです。

続きを読む